お知らせ

43件中3件を表示しています。このページは2/15ページです。
カテゴリー:今月の作品

2018年11月の作品

今年も平成も残り少なくなりました。2019年は、イノシシ(亥)年ですので新作を含めてイノシシの組み木を紹介します。
イノシシは、大型獣の中では珍しく一度に沢山の子を産みます。子どもは、体型が丸っこく縞模様があるので「うり坊」と呼ばれ親しまれています。しかし母子が群れて行動することが多く、雑食性なので食べ物を探して里に下り、トレードマークの鼻でいろいろな作物を掘り起こし、食べてしまう被害が近年では増えて問題となっています。イノシシを飼いならしたのがブタで中国では、「猪」は豚(ぶた)を意味します。
脚が短くずんぐりした独特な姿も組み木になれば「いとをかし」。イノシシとヒトが仲良く共存して欲しいと願いながら作図しました。

◆子はかすがい(いのしし)
イノシシ夫婦の間を取り持つうり坊は「かすがい」になっています。黒台・赤フェルト付なのでお正月用やプレゼントにも最適です。2018年11月16日作図「2018年11月の作品」関連画像
写真をクリックすると詳細を表示します。

◆イノシシと鳥のトライアングル
3種類の国産材のイノシシと鳥を組みました。鳥は、イノシシの尻尾にぶらさがります。
2018年11月15日作図「2018年11月の作品」関連画像
写真をクリックすると詳細を表示します。

ほかにもイノシシ(亥)の組み木たくさん揃っています。「2018年11月の作品」関連画像

更新日:2018-11-21 8:42
カテゴリー:今月の作品

2018年9月の作品その2

2013年に十二支の馬でデザインした「絵馬(駆ける馬と金太郎)」の外枠を無くして、本体のみで独立させ五月人形のラインナップに加えることにしました。その際に駆ける馬の背に乗っているクマが、動きがなくおとなしすぎると思い、腕を広げることで、尾にも摑まれるように描きかえてみました。

◆駆ける馬と金太郎
「2018年9月の作品その2」関連画像
「2018年9月の作品その2」関連画像

作品の詳細とご購入はこちらです。

更新日:2018-10-11 18:27
カテゴリー:今月の作品

2018年9月の作品

久しぶりに五月人形の新作が出来ました。力持ちの金太郎が両腕に力を込めて5匹の動物を抱え上げています。拳が円形なのでまん中のイノシシを外すと回転により二つに開くので、右手の拳にウサギとキツネ、左手の拳にサルとトリがぶら下がります。ウサギとサルを入れ替えることもできます。動物たちと元気いっぱいの金太郎を色々なふうに遊ばせてください。この商品は単品のほかに金屏風と黒台、ミニ菖蒲セットの付いた「五月人形Mセット」もあります。
作品の詳細とご購入はこちらです。

◆金太郎と森の動物「2018年9月の作品」関連画像

レイアウト例
レイアウト例
レイアウト例
レイアウト例
箱に入った状態
箱に入った状態
五月人形Mセット
五月人形Mセット

更新日:2018-10-09 21:31
カテゴリー:今月の作品