3ページ目

お知らせ

177件中3件を表示しています。このページは3/59ページです。

8月の営業について

暑中お見舞い申し上げます。
木のおもちゃ杢・MOKUは8月は平常通りに営業いたします。萩にお越しの際は、ぜひギャラリーにお立ち寄りください。
「8月の営業について」関連画像

営業時間10時~17時
定休日毎週水曜
8月は3日、10日、17日、24日、31日
更新日:2022-07-31 12:02
カテゴリー:お知らせ

2022年 7月の作品

「牧場(まきば)のなかまたち~ロッキングアニマルズ」
杢のホームページに掲載されているクリスマスオーナメントのうち、クリスマス時期に関係なく注文をいただく商品があります。「木馬」「ロッキングシープA」「ロッキングシープB」「なかよし子羊」の4点です。

これらは、キリスト誕生の物語に登場する馬小屋と羊飼いをモチーフにしていますが、どれも揺らして遊ぶことができるおもちゃです。また、牧場にいる親しみのある動物たち、ということも共通点です。そこで今回、これらを含めた「牧場のなかまたち」という新しい括りで、一年中楽しめるロッキングアニマルシリーズを考えてみました
「2022年 7月の作品」関連画像
馬、羊、の他に牛、豚、山羊、雄鶏が仲間に加わりました。みんな集まると賑やかな鳴き声がする楽しい牧場に来たみたいです。

「牧場のポニー」
「2022年 7月の作品」関連画像


「ロッキングカウB」
「2022年 7月の作品」関連画像


「ロッキングピッグ」

「2022年 7月の作品」関連画像

「ロッキングルースター」

「2022年 7月の作品」関連画像
「牧場(まきば)のなかまたち」の商品の一覧と詳細、ご購入はこちらです。
「2022年 7月の作品」関連画像

更新日:2022-07-27 19:16
カテゴリー:今月の作品

2022年 6月の作品

「草むらの昆虫」
今年は雨が降らず、初めて6月の梅雨明けとなりました。年々暑さが厳しくなっていますが、夏のギラギラ照りつける陽射しにも負けず、草むらで生きている昆虫をテーマにした組み木を考えてみました。
「草むらの昆虫」の商品の一覧と詳細、ご購入はこちらです。

「ハンター」
「2022年 6月の作品」関連画像

育児期に出会った詩人、工藤直子さんの『のはらうた』のかまきりりゅうじ。それまで苦手だったカマキリが一気に魅力的な存在に変わりました。今回、作図にあたりまず思いついたことは、ハンターであるカマキリが仕留めた獲物を自分の身体に挟み込んで、逃がさずに捕まえているポーズにすることでした。昆虫は、胸部に脚が6本あるのですが、全部入れて作品にするとうっとうしくなるうえ、折れるリスクが高くなるため、カマキリは正前向きの姿勢にし、思いきって脚を4本に省略しました。自慢げなポーズをとって決めているカマキリと、それぞれ半割りで2匹ずつになったチョウチョとトンボを、いろいろにレイアウトして遊べるようにしました。ピンと張ったカマキリの頭上の触覚は、蛍光色の釣り糸を埋め込んでみました。【2022年6月8日作図】

「草むらスタンド」
「2022年 6月の作品」関連画像

小さなカマキリやバッタの作品が出来上がると、これらを草の葉の上に乗せてあげたくなりました。そこで、組み木的発想で一枚板から草と台を作れる、立体的な雑草型スタンドを考えました。組み立てると、葉の上にも、下(台)にも虫たちを置けます。虫も生き生きとして嬉しそうに見えてきました。【2022年6月16日作図】

「ハートコオロギ」
「2022年 6月の作品」関連画像

2枚の羽を擦り合わせて「コロ、コロ、コロ」と鳴いている姿のコオロギです。昆虫は、サイズは小さくても、とても優れた身体能力を持ち合わせていますが、中でも日本人に古くから愛され親しまれた理由として、美しい音色で鳴けることがあると思います。実物は黒色のコオロギですが、可愛くするためにカラフルでおしゃれな羽にしました。羽の色は、ピンクとイエローの2種類です。秋の夜長にススキと一緒に飾るのも、おススメです。【2022年6月29日作図】

「草むらの昆虫」の商品の一覧と詳細、ご購入はこちらです。

更新日:2022-07-05 19:51
カテゴリー:今月の作品