送料と手数料 特定商取引に基づく表示
HOME / お知らせ / 今月の作品 / 6ページ目

お知らせ

34件中3件を表示しています。このページは6/12ページです。

カテゴリー:今月の作品
2014年6月の作品

2014年6月の作品

鳥取フェスのテーマ「鳥」の作品です。大きく口を開けてエサを催促するヒナと、甲斐甲斐しく給餌する親鳥の構図をイメージしてデザインしました。
この「大きくなーれ」のシリーズは、揺らすことにより、円形に挽いた脚の付け根の回転で鳥の本体が傾き、音を発てる組み木です。また、遊んだ後は、鳥らしく高い場所に掛けて飾ることもできます。

大きくなぁーれ(ブンチョウ)
ブンチョウは木の枝に止まらせ揺らすと、親鳥の口ばしがヒナの口にぶつかって音を楽しめるよう、脚の付け根を円形に挽いてあります。尾の方も枝にぶつかり音がします。
2014年6月の作品関連画像
底部の円弧と止まり木の間のスペースは、最初くり抜いて空間にしていましたが、そのスペースを巣に見立て、2羽のヒナを描き足すことで組み木らしい作品に仕上げました。エサをもらうヒナ側の枝には、穴を開け壁のような垂直面にも掛けて飾れるようにしてみました。詳細・ご注文はこちらです。

大きくなぁーれ(ツバメ)
毎年6月になるとツバメが飛び交い、巣にはかわいいヒナたちが顔をのぞかせている風景を目にします。いつか組み木にしてみたいと思っていたのですが、ようやく必要に迫られて生まれた作品です。
2014年6月の作品関連画像
エサをもらっているヒナは、巣と繫がっていて動かないので、親鳥が揺れるたび、親鳥の口ばしが当たり音を発てます。尾の方も巣とぶつかり音がします。巣の中にも大きく口を開いてエサを欲しがるヒナが5羽ひしめいています。詳細・ご注文はこちらです。

更新日:2014年11月9日 13:21 PM カテゴリー:今月の作品
2013年12月の作品

2013年12月の作品

どのおひな様にも、桜・橘を付けてあげたいと考えると、定番の「たもとびな」「椿びな」「橘びな」には、2010年にデザインした「桜・橘セット」が大きさも適当だと思いました。
しかし、「椿豆びな」には、少し大きすぎます。
そこで、本体のおひな様と釣り合いのとれた小さな「桜・橘セット」をデザインすることにしました。これは、五月人形のカテゴリーに「菖蒲セット」と「ミニ菖蒲セット」が加わったことで定番の金太郎と組み合わせて飾ると、より豪華になる「五月人形セット」が生まれたことがヒントになりました。

『桜・橘セット』と『ミニ桜・橘セット』
2013年12月の作品関連画像 2013年12月の作品関連画像
左:桜・橘セット 右:ミニ桜・橘セット
デザイン的には、前作ではピンクの桜の花、黄色い橘の実は、それぞれ2つずつ(半割にしてあるので飾る時は4つずつ)でしたが、最小化のため、今回のミニセットはそれぞれ1つずつ(半割で飾る時は2つずつ)にしました。
また、単品でも販売したいと思い、桜、橘を重ねて袋入れしやすいように樹姿の上部を水平にしました。
これを機会に、「桜・橘セット」や「ミニ桜・橘セット」と金屏風や黒台付の「小さなおひなさまセット」も誕生しました。詳細・ご注文はこちら

更新日:2014年11月9日 13:22 PM カテゴリー:今月の作品
2013年11月の作品

2013年11月の作品

西日本では最大のりんごの産地である山口市阿東町は、今年の夏集中豪雨により、りんご園も甚大な被害を受けましたが、その後の復興で美味しいりんごがたくさん出荷されています。購入した赤いりんごを見ていると、赤いホッペと丸い鼻のかわいらしいサンタクロースの姿が浮かび、デザインした作品です。

りんごサンタ(E)ゾウとイヌとネコ
まず、りんごの形の輪郭線を描いてその中心にサンタを入れました。枝にぶら下がるりんごのように、サンタの帽子を長く伸ばして吊り下げられるよう工夫してみました。また、サンタの両手を広げると、ゾウを持ち上げているように見えてきました。
2013年11月の作品関連画像
ゾウといえば、同じく今年9月に童謡「ぞうさん」を作詞した、詩人まどみちおさんの出身地である山口県周南市の徳山動物園に、スリランカからオスの「ミリンダ」とメスの「ナマリー」の2頭のインドゾウが寄贈されるという大変うれしいニュースがあり、ずっとこの2頭のゾウを組み木にしてみたいと思っていました。それが、りんごの中からサンタのプレゼントとして登場することになりました。私にとっても思わぬプレゼントをいただくことになりました。サンタの足元にはイヌとネコが入り、この図は完成としました。
この作品の詳細・ご注文はこちらです。

りんごサンタ(D)イルカとヒヨコ
先の「りんごサンタ(E)」の図のサンタだけ残し、ゾウとイヌとネコの部分を白紙にもどして、じっと眺めていると、イルカが見えてきました。イルカはちょうどサンタの帽子の先の丸い輪を目がけてジャンプしているようです。尾の下方に応援している2羽のヒヨコが入りました。この作品も、吊り下げたり壁に掛けたりしても楽しめます。
2013年11月の作品関連画像
この作品の詳細・ご注文はこちらです。

更新日:2014年11月9日 13:22 PM カテゴリー:今月の作品
Copyright(C) KUMIKI-MOKU Rights Reserved.