送料と手数料 特定商取引に基づく表示
HOME / お知らせ / 今月の作品 / 6ページ目

お知らせ

36件中3件を表示しています。このページは6/12ページです。

カテゴリー:今月の作品
2014年8月の作品

2014年8月の作品

平成27年(2015年)は、ヒツジ(羊)年です。
羊はウシ科で、温和な性格と群れたがる傾向が強いため、古くから有益な動物として家畜化されてきました。品種により、角を全く持たないものもいますが、細い四肢と顔以外は柔らかくて縮れた毛で覆われた丸っこい姿が愛らしい動物です。
毛の色は本来黒・赤・褐色と、幅広いバリエーションがありますが、染色に適した白い羊毛を産するように改良されました。組み木の羊も、ほのぼのとして愛らしいおもちゃになってほしいと願っています。

『羊の家族(子・3)』と『なかよし子羊』
2014年8月の作品関連画像 2014年8月の作品関連画像
左:羊の家族(子・3) 右:なかよし子羊
画像をクリックすると各作品の詳細・ご注文ページを表示します。

更新日:2014年11月9日 13:20 PM カテゴリー:今月の作品
2014年7月の作品

2014年7月の作品

山口県産の木材で秀逸なのはシイ(椎)と言われています。今回のデザインは、このシイの材を活かした組み木を作りたいという思いから生まれました。
モコモコと盛り上がったような樹形をしたシイはブナ科の常緑高木で、山口県では至る所の山地や神社でみられます。シイタケの原木として利用されたり、実は食用になるので子どもの頃拾って遊んだ記憶もある馴染み深い木ですが、これまでに扱ったことはありませんでした。
各作品の詳細・ご注文はこちらをご覧ください。

止まり木のしあわせふくろう家族(黒台付)
まず、黄色を帯びた灰白色の板は、肌目は粗いですが、月光に照らされて白っぽく浮かび上がるふくろうの止まり木にすることにしました。次に、大木に育つシイの樹の洞に3羽のヒナを入れ、静かに見守るかのように枝に止まる親鳥を最後に描きました。
2014年7月の作品関連画像
この作品は、それぞれのふくろうの位置を変えたり、止まり木から下ろしたりすると動きが生まれ、面白いと思います。親鳥の体のみ、ネム、ナラ、ブナ、サクラ等の茶褐色の材に換え、色彩と質感の違いも楽しめるようにしてみました。

止まり木のしあわせふくろう家族(額絵タイプ)
素材を全て山口県産材で仕上げたこだわりの一品です。縁起物で人気のふくろうの組み木を落ちないように貼り付け、額縁の中に納めたのでそのまますぐに壁に掛けて飾ることができます。
2014年7月の作品関連画像
額は、赤味がかったサクラ。止まり木と3羽のヒナは、白っぽいシイ。2羽の親鳥の体は、茶褐色のネム。くり貫いた顔は、シイ。三日月もシイの木を使用。それぞれの材の特長を活かした自然の優しい色彩は飽きることがありません。

かわいいふくろう
親鳥のみの単品です。足元の接着面が円弧になっているので、揺らして楽しむことができます。体と顔のパーツは樹種の違う国産材を使用しています。(材の指定はできません)止まり木を工夫して飾ると、お部屋の可愛いマスコットになります。
2014年7月の作品関連画像 2014年7月の作品関連画像
左:かわいいふくろうE 右:かわいいふくろうF
画像をクリックすると各作品の詳細・ご注文ページを表示します。

更新日:2014年10月23日 9:41 AM カテゴリー:今月の作品
2014年6月の作品

2014年6月の作品

鳥取フェスのテーマ「鳥」の作品です。大きく口を開けてエサを催促するヒナと、甲斐甲斐しく給餌する親鳥の構図をイメージしてデザインしました。
この「大きくなーれ」のシリーズは、揺らすことにより、円形に挽いた脚の付け根の回転で鳥の本体が傾き、音を発てる組み木です。また、遊んだ後は、鳥らしく高い場所に掛けて飾ることもできます。

大きくなぁーれ(ブンチョウ)
ブンチョウは木の枝に止まらせ揺らすと、親鳥の口ばしがヒナの口にぶつかって音を楽しめるよう、脚の付け根を円形に挽いてあります。尾の方も枝にぶつかり音がします。
2014年6月の作品関連画像
底部の円弧と止まり木の間のスペースは、最初くり抜いて空間にしていましたが、そのスペースを巣に見立て、2羽のヒナを描き足すことで組み木らしい作品に仕上げました。エサをもらうヒナ側の枝には、穴を開け壁のような垂直面にも掛けて飾れるようにしてみました。詳細・ご注文はこちらです。

大きくなぁーれ(ツバメ)
毎年6月になるとツバメが飛び交い、巣にはかわいいヒナたちが顔をのぞかせている風景を目にします。いつか組み木にしてみたいと思っていたのですが、ようやく必要に迫られて生まれた作品です。
2014年6月の作品関連画像
エサをもらっているヒナは、巣と繫がっていて動かないので、親鳥が揺れるたび、親鳥の口ばしが当たり音を発てます。尾の方も巣とぶつかり音がします。巣の中にも大きく口を開いてエサを欲しがるヒナが5羽ひしめいています。詳細・ご注文はこちらです。

更新日:2014年11月9日 13:21 PM カテゴリー:今月の作品
Copyright(C) KUMIKI-MOKU Rights Reserved.